お役立ち!初めてのアパート経営

  • 2月頃にアパートのキャンペーンを実施してみる

    TOP > アパートの経営について > 2月頃にアパートのキャンペーンを実施してみる

    2月頃にアパートのキャンペーンを実施してみる

    建物によっては、企業や学校の近くに立地している事があります。
    その企業や学校に通い続けている方々は、近隣の物件を探している事も多いです。
    通勤時間は短い方が良いので、近場の物件を探している方々も少なくありません。
    とりわけ2月や3月頃は、物件を探す方々は増える傾向があります。
    その理由の1つは新生活です。
    新卒の方々は、主に4月頃には入社する事になります。
    ですから4月からの新生活に備えて、多くの方々は2月頃に物件を探し始める訳です。
    学校も同様です。
    新入生の方々は、2月頃には物件を探し集める傾向があります。
    その2月や3月は、アパートの経営の重要な時期にもなります。
    他のシーズンと比べると、その時期は入居者を確保しやすいからです。
    その時期を逃してしまいますと、入居者を確保するのが困難になるケースも多いので、注意が必要です。


    ところで賃貸物件を探す方々は、しばしば礼金と敷金を気にしています。
    その2つの費用は、物件に入居する際の初期費用になるからです。
    礼金と敷金は、たいてい家賃数ヶ月分になります。
    賃料6万円の物件で、礼金が2ヶ月分に設定されているなら、初期費用は12万円になる訳です。
    敷金も同様です。
    それで新生活を始める方々は、手持ちの予算が限られているケースも多々あります。
    というのも新卒の方々は、まだ収入がありません。
    確かに4月頃から働き始める事になりますが、2月の時点では収入がありませんから、12万円の支払いは困難なケースも多いです。
    4月から大学に通い始める方々も、それは同様です。
    このためアパートに対する入居者を確実に確保したいなら、何らかのキャンペーンも検討してみる価値はあります。


    賃貸物件に関する広告を色々見ていますと、たまに礼金や敷金に関するキャンペーンが実施されている事があります。
    「3月までに入居すれば、通常の2ヶ月分の礼金がゼロになる」というキャンペーンを見かける事も多いです。
    つまり入居者を確保したいなら、そのキャンペーンを実施してみる選択肢があります。
    いわゆるゼロゼロのキャンペーンです。
    それで入居者を確保できる実例も多々ありますから、前向きに検討してみる価値はあります。
    ただし敷金や礼金をゼロにすれば、もちろん入ってくる収入は少なくなります。
    それにデメリットを感じて、二の足を踏んでいるオーナーの方々も多いです。
    ですが、それでも入居者確保できるメリットは大きいです。
    入居者を逃してしまうと、赤字になってしまいます。
    ですから2月や3月頃には、多くのオーナーの方々はキャンペーンを実施しています。

    次の記事へ

    カテゴリー

    ページトップへ