お役立ち!初めてのアパート経営

  • 経営するアパートは木造と鉄骨のどちらがおすすめか

    TOP > アパートの経営について > 経営するアパートは木造と鉄骨のどちらがおすすめか

    経営するアパートは木造と鉄骨のどちらがおすすめか

    アパートには、複数の種類があります。
    木造や鉄骨造りの建物など、選択肢は複数あります。
    アパートの経営を検討していると、木造と鉄骨のどちらが良いか迷ってしまう方々も、少なくありません。
    ところで経営を検討しますと、維持費が気になってしまうケースがあります。
    確かに入居者を確保できれば、家賃収入が入ってきます。
    しかし色々な維持費もかかりますし、それを低く抑えたいと望んでいる方も少なくありません。
    維持費が高く付いてしまえば、手取りの収入も減ってしまうからです。
    維持費が気になる場合は、基本的には木造がおすすめです。
    鉄骨造りの建物と比べると、総じて維持費を低く抑えられる傾向があります。
    鉄骨の建物と比較すると、初期コストも低く抑えられる事が多いので、木造の建物がおすすめです。


    ただし建物の安全性が気になる時は、鉄骨造りにしてみる選択肢があります。
    そもそも建物には、色々な脅威があります。
    時には自然災害が発生する事もありますが、その脅威も考慮しておく必要があります。
    最近では、大地震を気にしている方々も多いです。
    万が一の地震が発生してしまえば、アパート物件も倒壊する可能性はあります。
    せっかくお金を出して買った建物が、倒壊してしまうのは困ります。
    木造の住宅と比べると、総じて鉄骨の建物の方が耐震性は優れています。
    木造よりは建材が丈夫ですから、やや大きな地震が発生した時でも、木造よりは崩れづらい構造になっています。
    確かに鉄骨は、木造よりは建設コストが高くつく傾向はあります。
    しかし建物が倒壊してしまうのも困りますので、鉄骨を選んでいる方も多いです。


    ですが耐震性に優れている事が分かっていても、木造の建物を選ぶ方々も多いです。
    というのも木造の建物は、税金に関するメリットがあります。
    そもそも住宅物件を保有しますと、税金を支払い続ける事になります。
    固定資産税なども支払う事になり、それを気にしている方々も少なくありません。
    住宅物件は販売価格も高めですし、税金も大きな金額になる傾向があります。
    ところで木造の建物の場合は、その固定資産税は低く抑えられる傾向があります。
    鉄骨の建物と比べると、構造が非常にシンプルですから、評価額は低くなるからです。
    また税金には、材料費も関わってきます。
    材料費が安い建物の方が、固定資産税も低くなるからです。
    つまり木造のアパート物件の方が、鉄骨よりは税金を低く抑えられる訳です。
    それを考慮すると、木造がおすすめです。

    次の記事へ

    カテゴリー

    ページトップへ