お役立ち!初めてのアパート経営

  • 土地勘に詳しい地域のアパートがおすすめ

    TOP > アパートの経営について > 土地勘に詳しい地域のアパートがおすすめ

    土地勘に詳しい地域のアパートがおすすめ

    アパート物件を経営するなら、地域に関する知識も大切です。
    物件近隣の環境などは、ある程度把握しておくに越した事はありません。
    例えば近くにあるお店や企業です。
    近隣のどの辺りに便利なお店があるかを知っている方が、色々便利です。
    それと物件管理です。
    地域に関する状況をある程度知っている方が、物件も管理しやすくなります。
    一般的には、土地勘がある地域の方が、物件は管理しやすいです。
    見知らぬ土地にある物件ですと、その地域独特の状況が分かりませんから、物件の管理が難しくなってしまうケースがあります。
    ですからアパートを選ぶ時は、できれば土地勘がある物件を検討してみると良いでしょう。
    自分の家から近い物件を選んでおけば、色々管理しやすくなるからです。
    それはアパート経営のコツの1つです。


    それと入居率の問題もあります。
    そもそもアパートの経営に成功するためには、色々な情報にアンテナを張っておく必要があります。
    物件への入居率もその1つです。
    例えば自分が保有している物件周辺の入居率は、知っているに越した事はありません。
    他社の数字を知っている方が、色々やりやすいからです。
    ただ入居率を把握できるか否かも、土地勘次第です。
    土地勘がある物件ですと、入居率も把握しやすいからです。
    自分の地元にある物件ですと、土地勘の情報も収集しやすいです。
    逆に、あまり詳しくない土地にある物件ですと、入居率がよく分からない事も多いです。
    アパートを経営する場合、情報不足になってしまうのは、あまり望ましくありません。
    それを考慮すると、家賃収入の為にアパートを選ぶ時は、できる限り土地勘がある物件を選んでおく方が無難です。


    ちなみにアパートの経営を検討している方々は、しばしば利回りの数字を参考にしています。
    利回りは、今後の利益率を大きく左右すると見込まれるからです。
    ですから例えば、土地勘がある物件の場合、利回りは年3%だとします。
    それに対して遠方の物件は、利回り6%です。
    2倍近い数字になっていますから、後者の6%の物件を選ぶ方々は多いです。
    しかし遠方の物件ですと、土地勘がありません。
    その地域独特の特徴がよく分かりませんし、情報不足になってしまいます。
    それで経営に失敗してしまう事例は多いので、注意が必要です。
    利回りの数字というより、むしろ土地勘の方が大切です。
    地域事情に詳しい方が、全体的に有利になる傾向があります。
    基本的には、アパートの経営を検討しているなら、土地勘がある物件に注目してみると良いでしょう。

    次の記事へ

    カテゴリー

    ページトップへ