お役立ち!初めてのアパート経営

  • アパートの経営による毎月の収入はどれ位なのか

    TOP > アパートの経営について > アパートの経営による毎月の収入はどれ位なのか

    アパートの経営による毎月の収入はどれ位なのか

    アパートの経営を検討している方々は、収入に関心を抱いている事があります。
    家賃収入を得られるにしても、その「具体的な数字を知りたい」と望んでいる方は多いです。
    収入は、基本的には2つの要素に左右されます。
    例えば部屋数です。
    アパートの部屋数は多彩で、10部屋や15部屋など色々あります。
    部屋の数が多いほど、入ってくる収入の数字も高めになる訳です。
    例えば1ヶ月に6万円の家賃が入るなら、前者の10部屋の物件の場合は、毎月60万円は入ってくる事になります。
    しかし後者の15部屋の物件なら、90万円になる訳です。
    そして家賃です。
    家賃の数字が高めなら、入ってくる収入も大きくなります。
    つまりアパートの経営による収入は、部屋数と家賃という2つの要素に左右される訳です。
    その2つの数字が大きいほど、収入も大きくなります。


    つまり部屋数と家賃という2つの数字を乗じると、1ヶ月あたりの収入を算出できる訳です。
    しかし実際には、そこまでシンプルではありません。
    様々なコストが発生するからです。
    例えば、家賃回収の代行サービスです。
    そもそも家賃は、物件のオーナー本人が回収しているケースは、あまり多くありません。
    部屋の数が多いと、回収も大変です。
    また家賃の回収に失敗する可能性もあるので、専門の代行業者に任せている方々が多いです。
    その他にも、物件管理のサービスがあります。
    物件が古くなってくると、水漏れもあり得ます。
    しかしオーナー本人が物件を管理するのも大変ですから、管理の代行会社に依頼するケースが多いです。
    代行会社に依頼すると、費用を支払う事になります。
    かかった費用を差し引いた分が、手取り収入になる訳です。


    ですから経営に関する収入は、様々な要素に左右されます。
    部屋数や代行依頼費用や家賃など、色々なお金が関わってくる訳です。
    しかしこの3つのお金は、随時調整する事もできます。
    例えば家賃は、オーナー本人が決定できます。
    入居者が集まりづらい時は、家賃を引き下げるケースもあります。
    それと増築です。
    そもそもアパート物件の部屋数は、増やす事もできます。
    建物に対する工事を行えば、部屋を増やす事も可能です。
    部屋数が増加すれば、1ヶ月あたりの収入も大きくなります。
    もちろん部屋の増築は、費用はかかります。
    しかし費用が発生したとしても、1ヶ月あたりの収入は増える訳ですから、増築工事を検討しているオーナーの方々も多いです。
    ですから工夫をしてみれば、アパートからの収入を増やす事は可能です。

    カテゴリー

    ページトップへ