お役立ち!初めてのアパート経営

  • アパートの入居率を高くする為の間取りと収納スペース

    TOP > アパートの経営について > アパートの入居率を高くする為の間取りと収納スペース

    アパートの入居率を高くする為の間取りと収納スペース

    アパート物件の間取りは多彩です。
    そもそも敷地面積にしても、物件によって大きく異なります。
    1LDKぐらいの間取りの物件もあれば、ワンルームもあります。
    また住宅の高さも多彩です。
    アパート物件によっては、やや高い場所まで収納できる設備が完備されている事もあります。
    キッチンの高い部分に収納スペースがあって、そこに物を置けるようになっている物件もあります。
    また壁や天井の高さも、物件によって異なります。
    アパート物件のオーナーは、その間取りを自由に決められる訳です。
    将来的な収入を考慮しますと、その間取りはある程度慎重に決める方が望ましいです。
    適正な間取りにしておく方が、入居者も集まりやすくなるからです。
    基本的には間取りが広い物件の方が、入居者は確保しやすい傾向があります。


    ここ最近のアパートは、全体的に間取りが広くなってきています。
    数十年ほど前とは、状況が大きく変わりました。
    数十年ほど前は、間取りが広い物件はあまり見かけませんでした。
    というのも賃料を重視する方々が多かったからです。
    そもそも住宅の賃料は、広さとの相関関係があります。
    間取りが広い物件ほど、賃料も高めになる訳です。
    一昔前は、広さというより賃料が重視される傾向がありました。
    ですから6帖や1Kぐらいの間取りの物件が多かった訳です。
    しかし最近では、むしろ広さを重視する方々が増えてきました。
    多少賃料が高くても、1LDKぐらいのアパートに住みたいという方も、ここ最近は増えています。
    という事は、間取りをやや広めにしておく方が、入居者も確保しやすくなる訳です。
    基本的には、1LDK以上の間取りにしておく方が良いでしょう。


    またアパートを経営するなら、収納スペースの高さも軽視できません。
    上述の通り、物件によっては高い場所に物を置けるようになっています。
    キッチンだけでなく、靴置き場も高い位置まで置けるようになっている事もあります。
    高い位置に物を置ける物件は、人気があります。
    というのも人によっては、「普段使わない物をどこかに保管しておきたい」と思っているからです。
    その際に、上述の靴置き場が活用される事も少なくありません。
    靴置き場に高さがあれば、あまり使わない物を置いておく事もできます。
    キッチンの収納スペースも、高さがある方が便利です。
    やはり賃貸物件を探している方々からすると、置き場所が多い方が便利です。
    ですから物件の入居率を高くしたい方々は、しばしば「高い位置まで置ける収納設備」を物件に設置しています。

    次の記事へ

    カテゴリー

    ページトップへ