お役立ち!初めてのアパート経営

  • アパートの入居率を維持するために管理代行を活用

    TOP > アパートの経営について > アパートの入居率を維持するために管理代行を活用

    アパートの入居率を維持するために管理代行を活用

    アパート物件の経営に成功するかどうかは、空室率に左右される一面があります。
    アパートを経由する目的の1つは、家賃収入です。
    誰かが物件に入居してくれれば、家賃は入ってきます。
    しかし物件によっては、たまに入居者が集まらなくなっていることがあります。
    最初の内は順調に入居者を確保できていたものの、徐々に集まりが悪くなってしまうケースも、たまにあります。
    集まりが悪くなれば、家賃を下げざるを得ない事もあります。
    ですから空室率を気にしている方々も、少なくありません。
    ただ物件の空室率は、ある程度高める事も可能です。
    少なくとも物件の状態は、怠りなく管理し続ける必要があります。
    入居者を確保できた後に放置するのではなく、物件の管理を徹底している方が、空室率も低くなりづらいです。


    というのも建物は、だんだんと劣化する傾向があります。
    建物を購入したばかりの時は、とても新しい状態だったのに、年数が経過すれば古くなってしまう訳です。
    建物が古くなると、様々な問題点が生じます。
    物件の設備が古くなり、水漏れが発生する事もあれば、建物の一部が破損するケースもあります。
    建物の状態が悪ければ、入居者も集まりづらくなってしまう訳です。
    このため一旦は購入した建物は、常に状態を観察する必要があります。
    建物のどこかに不具合が生じる可能性があるかどうかも、管理し続けるのが望ましいです。
    管理を徹底しておけば、早めに建物の不具合に気が付いて、トラブルを予防する事もできます。
    それで建物を良い状態に保ち続ける事ができれば、空室率が高まってしまうのを防ぐ事は可能です。


    ですから購入した建物の管理を徹底するのが望ましいですが、問題は手間と時間です。
    自力で管理できるのが一番ですが、現実には少々難しい事も多いです。
    そもそも副業でアパートを経営しているなら、なかなか物件の状態を確認できません。
    普段はサラリーマンとして働きつつ、副業で経営しているなら、建物を管理する事自体が困難です。
    また建物の管理は、専門知識も必要です。
    ですから多くの方々は、建物管理の代行業者を活用しています。
    不動産物件の管理に特化している業者に任せる訳ですが、それは依頼費用のデメリットはあります。
    無料ではありません。
    しかし費用を捻出して代行してもらえば、入居率が下がってしまうのを防ぐ事もできます。
    入居率が下がるのも困りますし、費用を支払って代行を依頼している方々は多いです。

    次の記事へ

    カテゴリー

    ページトップへ